フォロワー数を気にするのは悪なのか?

未分類

よく「ツイッターのフォロワー数を追い求めてるのなんなの?」とか「フォロワー◯人まであと少しなので拡散してほしい、とか意味わからない」とかを目にすることがあります。

これ僕からいえるのは「たしかにフォロワー数自体には意味はないけど、フォロワー増えるとマジで人生楽しくなるよ!」ということです。

現在、僕はフォロワー数6,000くらいなのですが、今回はフォロワーが増えてよかったことを書いていきたいと思います。

有料note公開したら200人が買ってくれた

先日、僕が「起業家が3ヶ月で5,000人フォロワーを増やした10のコツ」というnoteを書いたのですが、こちらが合計200人以上の人に買ってもらうことができました。

で、僕はツイッターでしか拡散させてないので、この200人の方々はほとんどツイッター経由での購入になります。

これって凄いな、と思っていて、このnoteが1冊480円なので、これだけで10万円近い売上になるんですね。

しかも有料で買ってくれてるから本気で読んで実践してくれて、感想をツイートしてくれたりします。

これらは僕にフォロワーが少なかったら確実に出来ないことですね。

ランチ募集したら100人以上が応募してくれた

僕は実はいろんな人と会って、いろんな業界のお話を聞くのが趣味なんです。

そんな中で先日ツイッターでランチを一緒にしてくれる方を募集したら100人以上の方から応募を頂きました。

現在みてみたら176人の方がfav(=参加表明)をしてくれてるんですね。これはとんでもないな、と。

僕はとにかく一人が苦手で、誰かといるのが好きだし、誰かと話すのが好きなのですが、こうやって応募するだけで、こんなにも多くの人から反応をいただけるのは本当に嬉しいことです。

さらにはこの中から実際にお会いして、友達になったりすることもあるので、もう人生如実に変わりますよね。幸せすぎます。

ブログ初めたらすぐ反応があった

直近で感じたメリットとしては、まさにこのブログが良い例です。

僕がこのブログをはじめて、すぐにツイートしたんですね。脱完璧主義者なので、とにかくまずは公開しようと。

したらすぐに反応がありました。

で、こういったレスを頂けるだけで「中々反応は悪くなさそうだな」ということがわかりますし、自分自身モチベーションにもなります。

とにかく何かを思い立ってつぶやくと、すぐレスがもらえるというのが嬉しいですね。

注意。フォロワーの増減に一喜一憂するのは意味ない

ただ、ここで一つ注意点があります。

いままで述べてきたようにフォロワーが増えると良いことがあるので、フォロワー数を追い求めるのは僕は悪いことではないと思っています。

ただ、フォロワーが1人増えたり減ったりしたところで、やれることはかわらないので、あまり細かな数字の上下動に一喜一憂するのはしんどいだろうな、と思います。

べつにフォロワー2,000人と3,000人でやれることは変わらないです。

であれば数十人のフォロワーの変化に一喜一憂するんじゃなくて、もう少し大局でみて、次は5,000を目指そう、と考えるほうが自然かな、というように思います。

僕の目標は年内1万フォロワー

ということで、僕もステージで考えていて、次はなんと行っても大台のフォロワー数1万人ですね。これを年内に行けたらと思っています。

おそらく1万人になったら、今回のブログのように新しいプラットフォームを初めたときに、初動がすごくスムーズになるハズなんですよね。

僕はブログだけでなくYoutubeなどの動画にもチャレンジしていきたいと思っているので、フォロワー数1万人いって影響力をつけられたらな、と思っています。

 

コメント