まだフォロワー数で消耗してるの?数より質を求めるべき理由

未分類

「ああ、今日もフォロワーが3人減った…」なんてフォロワー数で消耗していませんか?

今日はそんな方に、もうフォロワーで消耗しなくてすむ方法をお伝えしたいと思います。

おそらく気づいている人がすごく少ない真実なので、ぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです。

ツイッターをやる目的はなんだろう?

まず最初に考えてほしいのですが、あなたがツイッターをやる目的はなんですか?

発信力をつけたい?ブログに誘導したい?インフルエンサーになりたい?

なんでもOKです。

総じてすべての人に言えるのは「影響力をつけたい」ということだと思います。

みんながフォロワー数を躍起になって増やすのも影響力をつけたいからですよね。

では影響力って本当にフォロワー数だけで測れるのでしょうか?

「影響力=フォロワーの数 × 質」

少し考えるとわかると思うのですが、影響力はフォロワーの数だけでなくて、質も重要ですよね。

たくさんフォロワーがいても広告で買ったフォロワーや相互フォローしている人たちばかりだったらなんの意味もありません。

そんなことはわかっているけど、フォロワーの質を上げようと努力している方はどれくらいいますか?

ほとんどいないと思います、ここが今回の肝で、影響力をつけたいなら、フォロワー数だけでなくてフォロワーの質に着目すべきなんです。

フォロワーの質ってなに?

フォロワー数はわかりやすいと思うのですが、フォロワーの質ってなんでしょう?

それは「ファン度」です。

一人のフォロワーがあなたのことをどれだけ好きか、どれくらいあなたのファンか、というのが「ファン度」。

これを高めていくことで、フォロワー数を増やさなくても影響力をあげていくことが可能です。

どうやってファン度を高めればいいの?

ファン度を高めるにはいろんな方法があります。

たとえばリプが来たら必ず返信する、RTしてくれたらRT仕返してあげる、よくタイムラインを見に行ってfavをつけてあげる。

でも、これくらいのことは誰でもできるし、少しツイッターをやっている人なら誰でもやっていることです。

本当にファン度を高めたいのであれば、実際にフォロワーの人と会うのがおすすめです。

僕はフォロワー50人以上とランチしました

僕はよくランチ募集のツイートをします。

たとえばこのツイートでいえば、170人以上の方からランチの応募がありました。

凄まじい数ですよね。。

で、実際にいままで30人以上とランチをしているわけですが、フォロワーの方とランチをするのは本当におすすめ。

実際に会って自己紹介や今やってること、ツイッターのノウハウ交換などをはなすとだいたい自分のことをよく理解してくれます。

そして一度会った人はツイッターでのその後の反応(favやRTやコメント)もよくしていただけるようになります。

これがファン度を高める方法です。

フォロワーと会うのは人生を幸せにする

ファン度が高まる、といっても、なにも一方的にファンになってもらうだけではありません。

相手のお話も一緒に聞くことになるので、自分も相手のファンになることがあるんです。

そうなったらもはやフォロー・フォロワーという関係を超えて、もう友達になれます。

僕もランチ会を経て本当に気があった人とは飲みいったりもします。

いままで社会人になってから新たに友達ができることはそんなに多くなかったのですが、ツイッターを始めてから一気に友達が増えるようになりました。

お陰で人生が本当に豊かになった。

そういう意味でもフォロワーの人と会ってランチ、お茶するのはおすすめです。

数で消耗するくらいなら質をあげよう

いかがだったでしょうか?

「私なんかがランチ募集しても人来るのかな?」って思うかもしれませんが、ぜひやってみてください。

一定アクティブにツイッター運用していたら、ランチに来てくれる人がいるはずです。

フォロワーの数ばかりに気を取られて消耗してしまっている人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

コメント