つべこべ考えずやり続けることを目標にしたっていい

未分類

僕がブログをはじめて1週間13記事を書きました。

で、いまの状況はというと検索流入は無いし、反響もほとんどありません。

こういうときに「これブログをやってて意味あるのかな…?」と思ったりする人も多いと思います。

せっかく日々の忙しい時間を何とか捻出して、やってるのに成果も出ないし、続けてても意味あるかわからなくなってきたな、と。

今回の記事は、そんな思いを持った人に読んでもらいたいです。

現時点で「本当の価値」がわかると思うな

ブログを10記事書いた、ツイッターを初めてフォロワーが100人になった、おそらく「新しいことをやり始めた楽しさ」を抜けて、一息ついたときに、まず最初の辞めたくなるタイミングが来るように思います。

で、そのときに思うのは大抵「これ意味あるのかな?」という考え。

これが頭を占拠するようになり、辞めてしまう人が多いのだと思います。

そんなときに僕がいつも考えるのは「まだこれだけしか結果を出していない自分が、本当の価値なんてわかるわけがない」ということです。

ブログにしても13記事を書いて、本当の価値がわかるわけないですよね。

おそらくブログ1万記事かいたら、それだけで収益が発生したり、日々ツイッターのフォロワーが増えたり、取材されたり、色んな人に出会えたり、ライティング力がついたり、、といろんな良いことがあるはずです。

で、それは初めたばかりの自分にはわかりようがないんですよね。

であれば、現時点で「価値」を想像して、自分の努力とのコスパを考えるなんて無意味極まり無いと思っています。

楽しんでやり続けることを目標にする

そんなときにおすすめなのは「どうやったら楽しめるか?」と考えること。

例えば僕のブログの場合は「今年中に100記事書きます!」とツイッターに宣言して、みんなに自分の頑張っている様子を見てもらうことにしました。

これをやることで、記事を書いて、公開することで、みんなにちょっと尊敬してもらえるかも、という楽しみが自分の中で生まれました。

またGoogleAnalyticsを導入して、検索流入がいつ増え始めるのかをみるのも今の楽しみです。

僕はツイッターではフォロワーがいますが、SEOからは流入がないので、全然違う層の人に自分を知ってもらえるきっかけになるはずです。

こういう小さなワクワクを自分の中で持っておくことで、楽しんでやり続けることができます。

目的は考えるな

継続がしんどくなってくると人は行動の「目的」を考え始めます。

なかなか結果が出ない時に「なんでこれをやってるんだっけ?」と考え初めるんですね。

理由は簡単で、もともとは「楽しそう」で初めたものであっても結果が出ず苦しくなってくると、なにか大義名分が欲しくなってくるんです。

そうして人は目的を求めるのですが、例えばその目的自体がワクワクしないものであったり、他の方法で実現可能そうであったりすると、あっさり人は継続を辞めてしまいます。

僕もブログをやっている目的をたとえば「影響力をつけたいから」とすると、「ツイッターのほうが影響力つけやすいな」とか「そもそも影響力なんて必要なのか?」とか無用なことを色々考えてしまい、結局継続できなくなってしまいます。

ブログを続けることのメリットなんて、無数にあるはずで、「影響力」という一言には収められないはずなんですよね。

なので、基本的に「楽しそう」で始めたものに無理やり目的をつけにいくのは意味がないと思っています。

むしろ辞める原因になるから考えないほうがいい。

目的は考えて出てくるものではなくて、継続していく中で見えてくるものです。

やり続けよう

結局、僕のブログにせよいまはつべこべ考えずやり続けるフェーズなんだと認識しています。

初心者があれやこれや考えても、結局それは辞めるための理由探しになってしまうだけなんですよね。

それなら少なくとも中級者になって、本当の価値が見えてくるまでは、とにかくやり続けるしかないな、と思っています。

みなさんもせっかく初めたものがあるのなら、まずは続けることを目標において、日々どうやれば楽しんでやれるかを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント