【残り1,700万円】住宅ローンの返済計画を公開します

未分類

ベンチャー起業経営者のひがきです。

僕の実家が西荻窪にあるのですが、なんと父が齢60歳にしていまだに1700万円のローンが残っていることが判明したんです。

今回は銀行から届いた返済計画を実物を見ながら読み解いて行きたいと思います。

年間188万円!銀行への返済計画の確認

早速ですが銀行から届いた返済計画の実物をご覧ください。

こちらを確認すると、現時点でローンの残りが17,291,589円あり、

・毎月91,973円

・ボーナス時に480,468円

の返済が必要になることがわかります。

年間ベースでいえば

91,973円×10ヶ月+480,468円×2ヶ月=1,880,666円

の支払いを行い、平成40年に完済する予定になっています。

ぼく
ぼく

うーん、返せるんかいな…これ

返済分のうち利息はどれくらい?

年間188万円の返済額には当然利息も含まれています。

変動金利のため利息は随時変わっていくのですが、ざっくり計算をすると、188万円のうち約12万円が利息ということになります。

利率にして1.175%。

2018年11月現在、大手三行の住宅ローンは、

三菱UFJ銀行:0.95%

三井住友銀行:1.25%

みずほ銀行:0.90%

となっているので、このまま低金利が続いていけば平成33年には、金利が現在の1.175%よりも低くなるかもしれません。

1,700万円ものローンを返済できるのか?

本記事では残りのローン残高を公開しましたが、こちらが返済できるかどうかは、もちろん収入次第です。

幸運なことに実家では父母ともに働いていますので、収入も併せてご紹介していきたいと思います。

 

コメント